葛川の暮らし・空き家について

葛川町居町のリフォームされた家の見学会が行われました。

大津市葛川町居町に新しく移住される方が、お住まいになる古民家をリフォームされ、移住を検討されている方々に特別に見学させていただきました(葛川まちづくり協議会の宮嵜源之さんに情報提供をしていただきました)。

リフォームされた空き家

リフォームされた空き家

見学させていただいた家は、築100年くらいの茅葺屋根の古民家で、古民家としての良さは残しつつ、現在の生活に合うように大きくリフォームされていました。これは1階で、床は板張りにしつつ、天井の梁材の架構はそのままとし、昔ながらの日本家屋らしい雰囲気が感じられるようになっています。屋内の螺旋階段が特に目を引きます。

建物の外観

建物の外観

1階の吹き抜け

1階の吹き抜け

外観は古民家の雰囲気を壊さずに、内部は現在の生活にマッチするように大きく手を入れています。

床の間

床の間

アイランドキッチン

アイランドキッチン

床の間は昔の雰囲気をそのまま生かしています。アイランドキッチンからは裏庭が見えます。

中2階の様子

中2階の様子

屋根裏の様子

屋根裏の様子

中2階はもともと倉庫として使われていた場所です。屋根裏部屋は、昔は屋根を葺く茅をストックする場所として使われていたそうです。

葛川まちづくり協議会が空き家情報を提供

古民家も手をかければ、昔の建物を生かしつつ、現代の生活様式で暮らすことも出来ますね。
葛川では、葛川まちづくり協議会 移住・定住促進部会を立ち上げて移住希望者の支援をしています。空き家の調査・紹介出来る物件を確保して、移住希望者とのマッチングをする他、様々な相談にも乗っていただけます。今回の物件は、既に移住が決まっている方の家ですが、これ以外にも購入・賃貸できる物件はあるそうです。見学等の要望にも応じてくれますので、まずは連絡してみたらどうでしょうか。
問い合わせ先
 葛川まちづくり協議会
宮嵜源之さん 090-1447-7050

暮らし・空き家記事一覧へ

葛川トップに戻る